ナイトブラ先生Grace Churchが教えるおすすめの選び方3選

あまり服にこだわりがない私、アウターインナー含めて衣服の数は少ない方だと思います。ナイトブラに関しては、仕事が忙しく毎日きちんと洗濯ができなかった20代30代の頃は7枚程持っていましたが、毎日きっちり洗濯できている近年は、3枚をヘビロテで済ませるようになりました。

ナイトブラを使えば人生も変わる!夜寝る時にできるバストケア

ナイトブラは非常に大切です。

ところが外出が多くなって来たので、ナイトブラを買い足すことになりました。普段自分の衣類は3ヶ月に1度買うか買わないか、ナイトブラに至っては4年ぶりぐらいの買い物です。もともと豊胸ではない所、授乳がお役御免になりすっかり平たくなったので、念のためサイズを測って買いに行きました。アンダーバストは変わらなくてもトップバストが大きく変わっているので、現在の胸に合うものをお店で探した所、サイズ・デザイン・お値段的にちょうど良いナイトブラを買う事ができました。

ところが、自宅で試着してみると大きすぎたことがわかりました。アンダーバストの測り方が悪かったようです。ナイトブラは3ケ所ホックがありますが一番狭いホックを使ってもナイトブラがユルユルになりました。値札を取ってしまった後だったので返品・交換することもできず、衣装ケース奥深くに隠してしまいそうになりました。
その時思いついたのが、最近図書館で借りた、手縫いで服を直す方法の本です。スカートの丈やウエストをサイズアップする方法が紹介されていて、ナイトブラを直す方法までは載っていないのですが、自分でナイトブラを短くできそうな気がしてきました。ホックがついている土台の布部分を切り離し、切れ端になった背中に当たる横紐を短くして、再度ホックの土台の布とつなげればサイズダウンできそうな様子。

ホックが付いた土台の布は2重になっているので、土台の1辺の糸をほどき、そこに短くした背中の横紐の切れ端を挟んで、糸をほどいた土台の1辺をミシンで縫い直せば、きれいに仕上がりそうです。

幸い買ったナイトブラはリーズナブルな価格、自分が使うだけなので、思い切って始めてみました。いざ始めると、ホックの土台部分を縫い直す最後の段階で、ミシンにホックが当たってしまい縫いにくかったです。ミシン針がホックに当たって折れないように気をつけながら、何とか3重ぐらいに折り返して縫う事ができました。

ナイトブラの公式サイトでもこの事は解説がされていてしっかりとナイトブラを選ぶことが非常に大切とされています。

①安心できる企業が販売しているか

②品質面がしっかりとしていて長く使えるか

③着けていて違和感がなく効果を実感できるか

このポイントを満たしているナイトブラを選べば、後はしっかりと着けて寝るだけで胸の形はキレイになると言っても過言ではないでしょう。
参考サイト:ナイトブラおすすめランキング公式

ナイトブラの公式サイトでも解説がされている通り、ナイトブラを選ぶときにも慎重になって良いブラを選べば後々自分に返ってくることは間違いがないのです。

結局、アンダーバストが4cm程短くなったナイトブラが完成。その後何回か着用・洗濯を繰り返しましたが、布がほつれることなく使えています。昔はナイトブラを手縫いで作っていたと聞いたことがありますが、今もできそうな気がしてきました。機会があれば挑戦したいです。

小学校の高学年から中学に上がったころから女の子はブナイトブラをしますよね。

私は中学に入ってすぐのころ部活の先輩がめっちゃ大人っぽいブラをつけていて、ショックというか中学生って大人なんだなと子供ながらに感じましたね。

それで、ブラって正直めんどくさいなと思うことがあるけれど
家では普通にノーブラですが特に夏場なんてノーブラで外出するなんてできないですよね。例えコンビニでも行けないわ。
ヌーブラとかあるけれど男性のようにシャツ一枚ってわけには、さすがに女子はできないですよ。
まあ、ブラが嫌いってわけではないんですよ。

デザインとか、シンプルなものもあれば可愛いものや高級感の漂うものまで、それはそれはたくさんあって見るもの楽しいし、女はおしゃれする楽しみがあってラッキーだなと思うわけです。

だけど、毎日何時間もブラをつけるのって体的につらいなって思うようになってきました。
やっぱり、どのブラもワイヤーがあったりゴムがあって締め付けているんです。
だから、一日が終わってブラを外すと胸の下とか赤くなっていたりするんです。
それに、締め付けているから肩こりがあったり呼吸が浅くなったり締め付けているから苦しさが常に感じてしまいます。

それで、数年前ぐらいにノンワイヤーのブラを見つけてやったーと思いました。
これで、締め付けから解放されるぞって思ったんです。
それで、実際買ってみたんです。

ノンワイヤーだから触り心地も柔らかで体にフィットしそうだなって思ったんです。
でも、実際着用してみたらやっぱりアンダーはゴム素材だったりするので締め付けがあるんですよね。
ほかにも、キャミにカップがついたタイプも結構売っているんですね。
だけど、やっぱり胸を支えるためにゴムがあるので締め付けがあるんですよね。

本当に私は締め付けが苦手で、ブラを止めて軽くさらしを巻いたほうがいいんじゃないかと思ったぐらいです。
なんか、もっと画期的なブラが登場してほしいですね。
やっぱり、妊娠で胸が大きくなってブラが辛いとか生理前に胸が張ってブラをしたくないなって思っている女性って多いと思うんですよ。
体がつらいと気持ちにも影響が出ると思うんです。
なのでもっと楽で、できればデザイン的にもかわいらしいブラが出てきたら絶対買うのにな。

まあ、自分で作れるもんなら作って販売していきたいですが、私にはそんなデザイン力も発想の才能もないみたいで画期的なブラを作れそうにないので誰か近いうちに作ってくださいと願うばかりですね。

ナイトブラは試着して、店員さんと二人三脚で買うのがオススメです

皆さんはどのようにしてナイトブラを買っていますか?
お店に立ち寄って選んで買う場合もあるでしょうし、通販で買う場合もあるでしょう。どちらのパターンにせよ、試着をせずに買うことありませんか? お店で買う場合でも、1年くらい前に試着したからこれぐらいのサイズでいいだろうと目星をつけて、試着なしで買うこともあるかもしれません。ですがこうやって買っていると、サイズ選び間違ってるかもしれませんよ。
今まで一度も試着をしたことがない方は、ぜひともどこかブラジャーのお店で試着した上で、店員さんにチェックしてもらうことをオススメします。店員さんに初めてサイズをチェックしてもらった場合、大抵の人はサイズが大きくなって驚きます。彼女たちはブラジャーの専門家なので、脇や背中からお肉を持ってきて胸にする方法ですとか、横に流れた胸をかき集める方法を知っています。私たちが適当に選んだブラジャーをペッと貼り付けるのとは違う、正しいブラジャーのつけ方を教えてくれます。
一度以前にブラジャーのつけ方を教えてもらったし、サイズも何年か前に測ったから、もう店員さんは呼ばなくていいかなと考えているあなたも、是非試着だけでもしてみてください。体のサイズは刻々と変わっていきます。特にダイエットをしたとか、そんなことでもサイズは変わります。1年前にぴったりサイズだったものも、今ではサイズが合わないかもしれません。それに、ブラジャーは全く同じサイズが書かれている場合でも、違うサイズ感であることがよくあります。一つ一つ形が違っているんですよ。その辺りも店員さんはよくご存知です。このナイトブラはカップが広いのでこのサイズでも大丈夫だとか、この形ならもう一つ大きいサイズにしたほうがいいだとか、そんなこともよくあるのです。
とはいえ、店員さんといえども他人。ちょっと見せるのは恥ずかしいと思うかもしれません。ですが店員さんは、あくまでお仕事として毎日たくさんの人の試着を確認し続けています。毎日やってくる大勢のお客さんのうちの一人ですから、気にしなくても大丈夫です。
ナイトブラは毎日付き合うものです。あまりサイズの違うものを選んでいると、胸が垂れてしまったり、アンダーがきつすぎて気持ち悪くなることもあるかもしれません。初めてだとちょっと勇気がいりますし、何度も試着するのはめんどくさいこともあるでしょう。ですが、あなたにぴったりサイズのブラジャーが見つかると、姿勢も体のラインも見違えます。ぜひ試着をして、ぴったりサイズを探してみてくださいね。

ブラジャーの付け方を知っておく事は女にとっては超重要

先日、とても衝撃的なことがありました。それは私と友人のブラジャーの付け方が全く異なっていたことです。

私と友人とは大学生のときからの付き合いで、何度か旅行に行ったこともあります。今回は大学卒業後初めての旅行でした。好きなアーティストのライブに行ったのですが宿の予約に出遅れてしまい、温泉旅館に泊まることになったのです。

ライブ後で疲れていましたが、折角温泉がついているのだから入ろう、という話になりました。温泉は非常に心地よく、また露天風呂もついていたので朝風呂も気持ちがいいだろうと他愛のない話をしました。
そして事件が起こったのは風呂上がりのことです。女性同士とはいえ着替えをじろじろ見ることはありません。しかしそのとき私は彼女のある動きが気になってしまい、思わず声をあげました。

彼女はブラジャーのホックを胸の下でつけ、それをくるりと回してカップを前面に持ってきて、肩紐に腕を通したのです。私は驚いて笑いだしました。その付け方が余りにも予想外だったからです。
私はブラジャーを着けるときはまず肩紐に手を通し、後ろのホックをかけます。今までこの付け方でやってきたので衝撃でした。

彼女も一緒に笑いだし、とうとう部屋で互いの付け方でやってみようということになりました。ちなみに友人には姉妹がおりますがその人も、また母親も前面ホック方式だそうです。確かに私の母親も背面ホック方式なので、親のやり方に倣うのだろうと話しました。

それぞれやってみた結果、やはりメリットデメリットが見えてきました。ライブの後ということでテンションが高いままだったのでしょう。二人で大笑いしながら検証を進めました。
まず前面ホック方式のメリットとしては、自分の胸囲にあった場所で確実に留められることです。デメリットはやはり面倒だということです。肩紐を通さずにホックを留めるのでなんだか不安定で手間取りました。
次に背面ホック方式だと、メリットは動作が簡単だということ、デメリットは見えない状態で付けるのでなかなか付けられない、ということでした。

結局は、お互い慣れてしまえばデメリットが気にならなくなるということになりました。私はいつもいい加減にホックを付けていますが、外れたことはありません。また彼女も前面で着けるときに特に不安定さなどは感じていないそうです。

今までの旅行は安いホテルに泊まっていたので、そうそう互いの着替えを見ることはありませんでした。まだ知らないことがあったねと二人で大いに笑い合えたので、ブラジャーの話はいい思い出になりました。

いつまでも可愛いブラジャーを着け続けて生きる

胸が膨らみ始めた思春期から、女性の皆さんは(現代は女性だけではないですね)ブラジャーにお世話になっていると思います。
ブラジャー文化が日本に入ってくるまで、着物文化だった日本では、凹凸のある体では着物が着崩れしやすく、さらしを巻いていたのでブラジャーは存在しませんでした。しかし開国に伴い西洋文化が入ってきたため、ブラジャーも「乳房ホルダー」、「乳房バンド」の名称で徐々に販売されてきました。戦後、現在のワコールがブラジャーの商品開発に乗り出し、現在の形にまで発展してきました。
昔は衛生上としてのブラジャーも、最近は乳房を支えるためだけの下着ではなく、体をメイクする補正下着としての役割も果たしています。現に体型に敏感な人は下着を変えただけで見違えるようになり、自信もつくので、精神的に落ち込んでいる時、力を発揮したいときに、「勝負下着」としての役割も果たしてくれます。
また昨今は姿勢が良くなるブラジャー、夜用ブラジャー、ブラトップ(キャミソールにブラカップがついた下着)というものも発売されて、ただの下着としての見方から目的や用途が変わっていっているものも多く発売されています。
私も若い頃は見た目の可愛さで選んできましたが、出産後乳房の形が変わり、下がりやすくなってきました。そんな時お店の方からいろいろなブラジャーの試着を進められたことを思い出します。女性は特に出産を経験すると、母乳が出る乳腺の関係で乳房が張りやすくなったり、乳房の脂肪が柔らかくなってバストトップが下がりやすくなるそうです。
サイズが変化していなくても、目的に合わせたブラジャーがたくさん出ているので、実際試着してくださいというお話しの後試着してみると、今までのものとは明らかに着け心地が変わり、見た目も変わりますが、その上から洋服を着ると昔の若い頃の姿に戻れる気がします(笑)それくらい体型が変化し、気持ちが変わる経験が出来ると思います。
下着は誰かの為に選ぶ人もいるかもしれませんが、自分の為に日々身につけるものだと思います。だからこそ、自分に合ったもの、自分のテンションがあがるものを身に着ければ、ほんの些細なことかもしれませんが普段の生活が見違えるものになるかもしれませんね。
洋服が地味な色を好んで身に着けている人は派手な下着が多いという説もあります。年々似合う洋服が少なくなってきた年頃の方は特に、見えない部分だからこそ、女性特有の下着だからこそ、可愛いブラジャーを身にまとって見えないおしゃれをしたいですね!

貧乳にとって楽なブラジャーを求め続けてもう10余年

ブラジャーの胴体をしめる輪っか()バンドが嫌過ぎて、一時期ヌーブラも検討していました。けれどもヌーブラって、内側に粘着質を持たせたカップがおっぱいに張り付くことで、ブラジャーとしての役割を果たしているのですよね。ですから私はそのヌーブラの粘着質がダメで、結局ヌーブラの着用は諦めたのです。

私は貧乳なものですから、はっきり言って胸を支えるためにブラジャーをつけているわけではないのですよ。私がブラジャーをつけている理由は、乳首隠し的なものですね。乳首のポツンを隠すことができればいいのです。

というかなんなら乳首のポツンという突起だって、透けて見えてもいいぐらいのことを思っていますよ。けれども世間では、乳首のポツンを見せることはタブーですからね。乳首のポツンに気がついてしまったら、相手が同性でも気を使うというものでしょう。

まあ私にしても相手の乳首が服の上から形が透けていたら、相手の服を見ないようにするなどして、目を逸らすことに努力してしまうと思います。ですからもちろん、自分にしても乳首のポツンを出さないようにブラジャーをつけているのです。

しかしいかんせん胴周りが太いものですから、ブラジャーがきついんですよね。輪っかでしめつけられるのが嫌で嫌でたまらないのです。ですからこそ、ヌーブラのように乳首のポツンを隠すことをしてくれて、そして胴体をしめつけないブラジャーがいいかなーと思ったんです。

けれどもヌーブラの粘着質がダメでしたので。かといってニップレスの強力な粘着力も合わなかったので、今も仕方なくブラジャーをつけているのですよね。ニップレスは胸のない私に、乳首だけを隠せる理想的な商品なのですが、しかし粘着力が強力過ぎます。剥がす時に思わず「いてっ!」と声をあげてしまう感じですから。

しかしかといって、ヌーブラのソフトだけどべっちょりとした粘着もイヤですからね。贅沢言い過ぎわがまま言い過ぎだと言われようが、ニップレスにしてもヌーブラにしても、そう思うのですから仕方がないじゃないですか。

本音を言えば、ノーブラが一番いいですよ。貧乳な私にとっては、ブラジャーをしなくてもいいノーブラ状態がもっとも楽なんです。ですから家ではノーブラですよ。けれども外へ行くにあたっては、必ずと言ってもいいほどにブラジャーをつけなくてはいけないじゃないですか。ですからこそ、「どのブラジャーにしよう…」と、悩むわけです。